様々な音楽について、つれづれと書いていきたいです。


by musikurashi

音楽の肌触り

いい音楽って質感が大切です。

アイデアがよくても、そこが雑だと結局心地よいものにはならない。

歌の場合は歌詞がよくても、そこがダメだと音楽としては第一級じゃないと思います。

メッセージ性とか、共感だけで喜ばれても、思想がいいのか、音楽としていいのかは区別すべきだと思うんですね。

まあ、万人にとって音楽がそこまで大切なものとは思いません。

元気の出る前向きな内容を一生懸命やってくれたら、それで私は十分だという人も多いんでしょう。

でも、私にとっては音楽はもっと高い存在です。

質感というか、肌触りにもっともっとこだわっていきたいと思ってます。

あ、自分の肌触りももっと改善しないとダメですね。

ダイエットばかりで細くなっても、肌がサメ肌じゃ意味ありません。

十分なコラーゲンを取る必要があります。

そのためにすっぽんはとてもいいようです。

お嬢様酵素 置き換え
すっぽん小町 クチコミ

[PR]
# by musikurashi | 2013-04-02 22:46
小森純ちゃんはオークション問題の影響で仕事がなくなっちゃってるみたいですね。

記者会見とかして、早めに謝っちゃったほうがよかったのでは?

でも、たくましいもので、映画評論家に転身という話も出てますね。

そういえば、昔、映画評論家で「小森のおばちゃん」という人がいましたね。

全然別の関係ない人ですが。

まあ、彼女は結婚してて旦那が稼いでるし、自分も別収入があるから、じたばたする必要はないのかもしれませんね。

カラコンとか、いろんな商品のプロデュースをやってて、その収入ってバカにならない額だと思うんです。

たぶんですが。

そしてもう少ししたら、またタレントとして復活してくるでしょう。

親しみやすく、おもしろいキャラではありますからね。

ロデオ ジル カラコン
ツッティ tutti カラコン

[PR]
# by musikurashi | 2013-03-13 10:31
お笑いトリオ「森三中」が

『TRF イージー・ドゥダンササイズでダンサーボディ』の

キャンペーンガールに就任したんですね。

「TRF」のコスプレ姿で登場したみたいだけど

写真、すごくおもしろいです。

大島さん、とくにおもしろすぎです。

こういうふうになっちゃいけないよと、反面教師に思ってもらえればとのこと。

ダイエットに挑戦するのは他の女性芸人3人なんだね。

「ボルサリーノ」の関好江さん、ツジカオルコさん、出雲阿国さんみたい。

う~ん、知らない。。

彼女たちがダイエットに励み、優勝者を決定するんだね。

女性芸人さんで、ダイエット企画で

綺麗になっていく人多いですよね。

綺麗になっちゃうと芸人さんとしては

マイナスの気もするけど。。

そんなことないのかな。

なんだかわぁっ、綺麗になってる!というとこに

皆、意識が行ってしまうような。。

やはり森三中のような感じのまま、

芸人さんはいてくれたほうがおもしろいなぁ。




セブンブレイクジェル ネオ
アクアフォース オルビス 感想

[PR]
# by musikurashi | 2013-03-04 23:05
斉藤和義さんが、映画『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』の

主題歌を担当することになったんだって。

自身初のアニメ映画主題歌なんだね。

依頼を受けた斉藤さんは「子どもに自慢できるな」と快諾したんだ。

お父さんなんだね。

シングルの初回プレス仕様は、コナンとのコラボジャケットなんだ~。

写真で見るといいかんじ。

コナン君とギターを弾く斉藤さんが並ぶ

印象的なイラストです。

これは、嬉しいでしょうね。

それこそ子供に自慢できるかんじ。

斉藤さんは様々なとこで楽曲を

使われてますね。

やはり愛される曲を生み出してるからなんだろな。

家政婦のミタの曲も有名ですもんね。

その作品に合った曲を上手に作れる、

自分自身のカラーも持ってる、

素晴らしいミュージシャンですね。




上地一美 沖縄 占い師
紫微斗数 占星術 中国

[PR]
# by musikurashi | 2013-03-04 22:01
NHK大河ドラマ『八重の桜』のテーマ音楽を担当している

坂本龍一さん。

そのサウンドトラックが発売され順調に売り上げを伸ばしているんだって。

ほんとにいいですもんね。

教授のテーマ曲、大好きです。

鳥肌が立ちます。

インタビューに答えられてて

多くの人が一年間通して耳にしても飽きない音楽、

大河ドラマの音楽の歴史に恥じない音楽、ドラマの内容に即した音楽、などを

考慮して生み出した曲のよう。

具体的には

大づかみのテーマになるようなメロディーやフレーズをたくさん考え、

それらからふさわしいものを選択し、

ドラマにあるいくつかの要素をどう配置するか、などを考えられたそう。

そんな風にして作っていくんですね。

ドラマにある要素って難しいなぁ。

その要素を音に変換していく作業が難しそう。

教授クラスになると、すっとできるものなのかな。

でも、こうしてお話を聴いて改めて曲を聴くと

なるほどと思いますね。

ほんとに時間をかけ、じっくりと作り出してるんだね。

もっと、作る過程のお話、たくさん聴きたいな。

おもしろいですね。



残業手当あったかい 漫画
ホンモノを教えてあげる 漫画

[PR]
# by musikurashi | 2013-02-26 23:15